豆腐を作る者として | 2011年1月06日掲載

HOME » 豆腐探求 » 職人の夢 » 豆腐を作る者として
職人の夢|美味しいの先にあるものを求めて
  • 豆腐探求トップ
  • 生産者物語
  • お客様と共に

豆腐を作る者として |職人の夢

豆腐の原材料は、大豆と水と凝固剤です。とってもシンプルなものです。

大豆も色々ありますが、凝固剤も色々あります。

現在、豆腐用凝固剤として許可されているのは塩化マグネシウム(にがり)、硫酸カルシウム、塩化カルシウム(すまし粉)、グルコノデルタラクトンの4種類です。

にがりは本来、海水からとったものをさしますが、最近は、塩化マグネシウムもにがりと呼んでいます。天然にがりは粗製海水塩化マグネシウム(本にがり)という凝固剤名になります。

当店は国産の粗製海水塩化マグネシウム(本にがり)を使用しています。

大豆本来の甘さ・旨みを引き出し美味しい豆腐ができます。

しかし、どの様な工程で海水がニガリになるのか知りませんでした。

豆腐を作る者として、豆腐になる原材料を一から知る必要があると感じ、8時間をかけて手作りの生産現場まで行ってきました。

海水からニガリができるまでの全工程を自分の目で見てきました。

生産量は少ないのですが、いい仕事してました。

やはり、天然のニガリも職人の感覚的な要素で良いものができることが分かり手作りの良さを再認識してきました。

これで、自信をもってお客様に説明すること、自信をもって豆腐を作ることができます。

P1050031 P1050050

最高に旨い塩

最高のニガリです


記事掲載日:2011年1月 6日(木)

« 前のお話へ | 職人の夢

大豆の葉三つの小さな葉から出来ています。大豆を原料とする豆腐は原料の生産者・豆腐職人・豆腐を食べる消費者の三者の思い一杯に受けてより素晴らしいしい豆腐になります。

そんな三者の思いがこもった「とうふ」を作りたい。 それが私達職人の願いであり、私達が取組んでいることです。

カテゴリ一覧

  • お品書き
  • セット商品
  • ざるとうふ
  • もめんとうふ
  • 佐白山の茨城在来とうふ
  • 青ごぜん
  • にんにくとうふ
  • 生ゆば
  • あぶらあげ
  • たのくろ豆の田舎みそ
  • たのくろ豆の甘納豆
  • 豆乳ドーナッツ
  • 豆乳ソフトクリーム
  • 豆乳
  • カートの確認
  • マイページログイン

お買い物について

お支払方法

銀行振込代金引換カード決済コンビニ決済

下記のマークの付いたカードがご利用頂けます。

利用可能クレジットカード一覧

送料について

送料一覧表に基づき送料はお客さまご負担となります。※クール代込み

特定商取引法に関する表記特定商取引法に関する表記お届けについてお買い物ガイドへ

佐白山のとうふ屋について

営業時間

10:00~17:00
ネットでのご注文は、24時間・年中無休で承ります。

休業日

毎週月曜日、毎月第二火曜。年末年始

※休業日が祝祭日の場合、翌日が休業日となります。

連絡先

〒309-1611 茨城県笠間市笠間2810
 ◇メール:info@toufuya.biz
佐白山のとうふ屋への案内地図 お電話・FAXでのご注文

プライバシーポリシープライバシーポリシー

Copyright©2009.佐白山のとうふ屋.All Rights Reserved.