大豆の収穫って楽しい♪ | 2012年11月25日掲載

HOME » カサマメ » 大豆の収穫って楽しい♪
カサマメ☆プロジェクト

大豆の収穫って楽しい♪

天気最高!絶好の収穫日和。

収穫の日程については、大変悩みましたが11/25予定通りになりました。

場所によっては青みが残っているところもありましたが、タイミング的には良い収穫日でしょう。

大豆を引っこ抜いて逆さに立て土を乾かします。

乾かしてる間に、近くの集会所にて親睦を深めながらの昼食をとりました。

参加してくれた若いカップルですが、種まきの時は交際中だったのに、なんと収穫をむかえた今日は同じ姓に。

なんと、結婚したとの報告!めでたいめでたい!

大変、昼食会は盛り上がりました。

畑に戻ると根っこについた土も乾いて、スタンバイOK!

そのまま大豆をコンバインに突っ込むと、自動的に大きな粒と小さな粒に分かれて出てくる新型のコンバインには驚きました。

収穫も無事終了しましたが、参加した皆さんと楽しくやれたのが何よりもの収穫でした。

 

P1010229 P1010220

最高の収穫日和!

引っこ抜いて、逆さにして立てます

DSC_0038[1] DSC_0035[1]

コンバインに運びます

大豆を突っ込みます

DSC_0045[1] DSC_0025[1]

脱穀されました

楽しくやれたのが、何よりもの収穫


記事掲載日:2012年11月25日(日)

« 前のお話へ | カサマメ | 次のお話へ »


たとえば今日の食卓にのっている豆腐は誰が作ったのか、どんな畑で採れた大豆なのか、そんなことを考えてみたことはありますか。
食べものの情報って、意外に伝わらないものです。食べものを作る人と食べる人の間にはさまざまな流通が関わっていて、情報が伝わりにくいしくみになっていることも原因のひとつかもしれません。
また、生産する畑が自分たちの居住地域の近くにないということも、大きく影響しているかもしれません。
食べものは自分のいのちをつくるもの。大切なものなのに、わたしたちは今食べものの価値を価格で判断しがちです。しかしそれ以外に食べものの価値を判断する方法が、うまく見つからないのも事実です。
だからこそ、このようなプロジェクトが必要だと考え「カサマメ☆プロジェクト」を立ち上げました!

カテゴリ一覧

  • お品書き
  • セット商品
  • ざるとうふ
  • もめんとうふ
  • 佐白山の茨城在来とうふ
  • 青ごぜん
  • にんにくとうふ
  • 生ゆば
  • あぶらあげ
  • たのくろ豆の田舎みそ
  • たのくろ豆の甘納豆
  • 豆乳ドーナッツ
  • 豆乳ソフトクリーム
  • 豆乳
  • カートの確認
  • マイページログイン

お買い物について

お支払方法

銀行振込代金引換カード決済コンビニ決済

下記のマークの付いたカードがご利用頂けます。

利用可能クレジットカード一覧

送料について

送料一覧表に基づき送料はお客さまご負担となります。※クール代込み

特定商取引法に関する表記特定商取引法に関する表記お届けについてお買い物ガイドへ

佐白山のとうふ屋について

営業時間

10:00~17:00
ネットでのご注文は、24時間・年中無休で承ります。

休業日

毎週月曜日、毎月第二火曜。年末年始

※休業日が祝祭日の場合、翌日が休業日となります。

連絡先

〒309-1611 茨城県笠間市笠間2810
 ◇メール:info@toufuya.biz
佐白山のとうふ屋への案内地図 お電話・FAXでのご注文

プライバシーポリシープライバシーポリシー

Copyright©2009.佐白山のとうふ屋.All Rights Reserved.